京都賃貸お役立ち情報!

京都でおすすめのデザイナーズマンション・賃貸選びの注意点を解説2019/06/18

デザイナーズマンション

京都には古都の雰囲気に合うデザイナーズ賃貸がたくさんあります。賃貸は注文住宅に比べると気軽な気持ちでおしゃれな暮らしを楽しむことができます。今回は京都にあるデザイナーズ賃貸の平均的な間取りを地域別にご紹介いたします。デザイナーズ賃貸に興味がある方は必見ですよ。

デザイナーズマンションの特徴

・オリジナルな空間

外観や内装が個性的でデザインコンセプトをもとに作られるデザイナーズ賃貸。見た目だけでなく暮らしやすさも計算して設計されているため、オリジナル性の高い生活が楽しめます。

・家賃は高め

ときには建築資材を特注したり、海外から取り寄せたりすることもあるため、建築コストがかかります。設計は建築家やデザイナーに依頼していることも多く、一般的なマンションに比べて1~2万円ほど費用が家賃に上乗せされています。

・探し方

コンセプトに基づいて設計、建築されているとはいえ、デザイナーズ賃貸には明確な定義がありません。おしゃれな雰囲気のマンションが全てデザイナーズと紹介されている場合もあります。

デザイナーズ賃貸は単に見た目のおしゃれだけでなく、機能性も伴っていなければ快適な住居とはいえません。デザイナーズ賃貸を探すときは、雰囲気だけでなく生活しやすさも満足させてくれる間取りを探しましょう。

おすすめの物件例

デザイナーズマンション

・京都市左京区

平均築年数10年、家賃平均6~7万円、敷/礼0~10万円または家賃の1ヶ月分、管理費平均5,000円、間取り1K~1LDK、20~45㎡

左京区のデザイナーズ賃貸は築年数の浅い物件が多く、全体的に広々とした間取りが特徴です。京阪や市バスも充実しているので利便性も問題ありません。

・烏丸

平均築年数10年以上、家賃平均8~15万円、敷/礼0~10万円または家賃の1ヶ月分、管理費平均8,000円、間取り1K~1LDK、25~45㎡

京都の中心部である烏丸のデザイナーズ賃貸は1Kでも平均で25㎡とかなり広々した空間です。2Kの間取りもあるので、友だちやカップルで同居をしたい人にはおすすめです。

・東山区

平均築年数15~20年、家賃平均7万円、敷/礼10~30万円または家賃の1~2ヶ月分、管理費平均10,000円、間取り1K~1LDK、20~45㎡

京都の東山区といえば清水寺や祇園から近い高級住宅街。物件のセキュリティもしっかりしています。土地が大きいので1軒当たりの延べ床面積がかなり広めです。小さな子どものいるファミリーから一人暮らしの人にも暮らしやすい賃貸がたくさんあります。

デザイナーズマンション選びの注意点

デザイナーズマンション

・コンクリートの壁

デザイナーズ賃貸によくあるコンクリートむき出しの壁は、おしゃれな空間を演出してくれる効果があります。ところが実際に生活してみると、壁に画びょうやネジを打ち込むことができない、光熱費がかかるといったデメリットもあります。

もしもデザイナーズ賃貸への入居を検討しているなら、コンクリート造にするのか、温かみある木や漆喰の壁にするのかを家族でよく話し合いましょう。

・ベランダがない場合がある

デザイナーズ賃貸は外観が重要視されます。マンションによっては洗濯物や布団など生活感を感じさせるものを外に干せない、またはそもそもベランダがないということもあります。その代わり住宅設備として浴室乾燥機が標準装備されている場合が多いのでご安心を。

・収納が少ない場合が多い

デザインコンセプトではじめから収納が少ないマンションもあります。家族が少ない場合や物を持たない暮らしが好きな人にはピッタリですが、小さな子どもがいる家庭やすべて収納に納めて居住スペースをスッキリ見せたい人にとっては不便かもしれません。

おしゃれな空間で生活できたら毎日楽しそうですよね。物件の購入はできなくても賃貸だからこそ味わえる経験があります。「デザイナーズ物件に憧れている」「結婚して子どもができるまではデザイナーズ物件を楽しんでみたい」という人は一度色々なデザイナーズ賃貸を検索して内覧してみましょう。そこでの暮らしを想像するだけでもワクワクしますよ。

ページの先頭へ
飛行船