京都賃貸お役立ち情報!

新築マンションのメリット・デメリットとは 京都の新築・賃貸物件をご紹介2019/07/10

賃貸マンション

新築物件が賃貸に出されていたとき、どんな部屋を想像しますか?

最新設備やきれいな内装、新築独特の匂いかもしれません。人によっては家賃が高そうと思うこともあるでしょう。今回は新築マンションの賃貸について魅力や選び方、メリットなど色々ご紹介いたします。

新築物件について

新築物件とは完成から1年未満、かつ未入居の物件をいいます。

・魅力

新築物件は浴室乾燥やオール電化、インターネット環境などをはじめとした最新設備が標準で備わっており、便利で快適な暮らしができます。しかもそれらの設備を全て新品の状態で使えるのは新築物件でしか味わえない喜びです。

・相場

冒頭の話のように新築物件と聞くと「高い家賃」をイメージしてしまうかもしれません。ところが実際は初期費用が安かったり、フリーレント(一定期間の家賃が無料になる)が利用できたりと、それほどハードルは高くありません。しかも家賃は設備のグレードや機能を考慮しつつ、周辺の相場に近い金額に設定されています。

・選び方

新築マンションの良いところばかり見てしまいますが、治安や利便性などのエリア情報にも目を向けましょう。また現在の状態だけでなく、将来の家族構成も見据えた間取りや生活動線も要チェックです。

新築賃貸のメリット・デメリット

賃貸マンション

次に考えるのは新築マンションのメリットやデメリットについてです。

・メリット

新築賃貸物件の項でもお伝えしたとおり、内装や設備が全て新しく最新式というところが最大のメリットです。さらに古いマンションに比べて耐震性に長期保証がついているので大きな地震がきても安心です。

・デメリット

すでに完成しているマンションなら内覧が可能ですが、建築中の場合は実際に内装や間取りを見て決めることができません。また他の部屋にどんな住人が暮らすのかが分からないので、近所付き合いやコミュニティの面で不安があります。

購入したマンションは後々不具合が発生したときに頭を抱えることになりますが、賃貸の場合、契約を解除するか、更新のタイミングで引っ越すことができるので気軽な気持ちで暮らしてみるのも良いと思います。

地区別!新築物件

賃貸マンション

最後に京都市内にある新築物件の参考例を地域別にご紹介いたします。

・京都市北区

家賃相場1K/6.5万円、1LDK/7万円、敷金不要または家賃の1ヶ月分、礼金家賃の2ヶ月分、共益費6,000円

・京都市上京区

家賃相場1K/5.5万円、1LDK/13万円、敷金不要または家賃の1ヶ月分、礼金家賃の2ヶ月分、共益費6,000円

・京都市中京区

家賃相場1DK/7.3万円、2LDK/18万円、敷金不要または家賃の1ヶ月分、礼金家賃の2ヶ月分、共益費、管理費11,000円

最新設備やセキュリティが完備された新築マンションの暮らしは快適そのものです。

とはいえ新築マンションにもデメリットはあります。条件だけで選ぶのではなく、不動産業者に新築マンションの暮らしで考えられることを相談して判断しましょう。

新築の賃貸物件をお探しなら、新築物件特集がおすすめです!

ページの先頭へ
飛行船