京都賃貸お役立ち情報!

【一戸建て賃貸】町内会に入るべき?メリットやデメリットなど2019/10/24

京都

「一戸建てに住んでいるけど、うちは賃貸だから...」「町内会って面倒なんでしょう?」と、町内会への入会を避けていませんか?日々の安全安心は、町内会があるおかげかもしれません。今回は町内会の役割や町内会に入るメリット、デメリットをご紹介いたします。

町内会とは

「町内会」や「自治会」と聞いたことはあってもどのような違いがあるのか知らない方もおられるのではないでしょうか?

最初に町内会がどのようなものなのかお話します。

・自治会との違い

実は町内会も自治会も同じ団体のことを意味しています。各地域で呼び名が異なることもありますが、明確な違いというものは存在しません。町内会も自治会も、住宅が密集している地域によく形成されている組織です。

・活動内容

活動内容も地域によって異なり、様々な活動があります。例えば地域での防災訓練や清掃、他には納涼祭の運営をしているような地域もあります。

自治会や町内会は行政や警察などと連携をとって、地域の治安維持活動をしていたり、環境整備をするなど、多種多様な形で地域をより住みやすくするよう努めています。

町内会に入るメリットとデメリット

街並み

では賃貸に住んでいる方が町内会に入ることでどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

ここでは町内会に入るメリットとデメリットについてご紹介します。

<メリット>

もしお子さんがいるのであれば、地域での運動会やお祭りなどのレクリエーション活動は地域の子供たちと交流を深める機会になります。これはお子さんだけではなく、大人であっても地域の方と交流を深めることで、万が一災害などの被害に遭った時にスムーズに連携をとり、不測の事態に備えることができます。避難に遅れたりした場合も、「あの人がいないよ!」と誰かが気付いてくれる可能性が高くなります。

町内会への参加はただの活動だけではなく、自然災害の多い日本で生き残るための手段のひとつだとも言えるでしょう。

<デメリット>

町内会に参加するうえで、町内会の活動で必要な費用を「町内会費」としておよそ5000円を支払わなければなりません。地域によって差はありますが、目安としてこれくらいの金額が年間に必要です。また、町内会費以外にも寄付を求められる場合があります。

また、町内会は任意で活動をする団体ですが、きちんとまとめる役員として町内会長、副会長、書記、会計などの役割を分担しています。大体の場合ですとこの役員は町内会に参加している人に順番で回ってくるようになっており、場合によっては土日などの休みの日が町内会の行事で潰れてしまうことがあります。必然的に人との関わりも増えますので、あまり人付き合いが得意ではない人にとっては重荷になる可能性があります。

賃貸(一戸建て)でも町内会にははいるべき?

街並み

町内会がどのようなものかわかった所で、賃貸でも入るべきかどうかについてお答えします。

・安全に暮らせるのは町内会のおかげ!?

町内会はただレクリエーション活動や防災訓練を行っているだけではありません。例えば町内にある街灯なども、町内会で管理しているのです。もし街灯がきちんと管理されていなければ、日が落ちたら真っ暗な中、家まで帰らねばなりません。しかし町内会があるおかげで街灯は明るく夜道を照らしてくれるのです。

他にも、町内会によってはパトロールを行っていたり、犯罪を未然に防ぐために活動をしているところもあります。

・賃貸(一戸建て)も町内会には入った方が良い理由

街灯やパトロール以外にも、ゴミ収集所の掃除などは町内会が行っているものです。つまり、町内会に入らないということは町内会が町内会員のために住みやすい地域の維持をしている中に、部外者がサービスだけを受け取っているという状態になるわけです。

確かに町内会は無料で入れるものではありませんし、入ると煩わしいこともあると思います。しかし、その地域で生きていくのであれば防災の面でも必要なことです。災害に遭った時のために町内会では食料・水、毛布などを備蓄しています。一戸建てであれば多少の備えもできるかもしれませんが、もし町内会に入っていなければ、災害に遭った時に物資が不足しても助けを得ることもできません。万が一のときのためにも、町内会に入っておくことをおすすめします。

・加入は強制ではない

町内会への参加はおすすめしますが、加入は決して強制ではなく任意です。よって、賃貸を借りた後に町内会への参加を誘われても断ることはできます。

また、賃貸によっては大家さんが一括で町内会の費用を払っており、入居した時点で自動的に加入していることになっている場合もあります。

なにがなんでも絶対に参加したくない!という方は、物件を借りる前に町内会への参加がどうなるかをしっかり確認しておきましょう。

まとめ

少子高齢化社会の影響もあり、年々町内会や自治会への参加者は減っている傾向にあります。しかし災害の時など近隣の方と助け合って生きていく必要があることもあります。助け合って生きていく中で、町内会や自治会の存在は非常に大きいものです。普段からコミュニケーションをとることで、自分が大変な目に遭っても率先して助けてくれる人がいるかもしれません。町内会や自治会に入るかを決める前に、しっかりとメリットとデメリットを考えてみてください。

ページの先頭へ
飛行船