HOME>こだわりから探す>広いワンルーム賃貸特集

広いワンルーム賃貸特集

広いワンルーム賃貸物件特集

エリアを選択

京都の広いワンルームで快適・ゆったりライフを送ろう!

一人暮らしをする際、候補としてワンルームタイプの間取りを考えている方も多いのではないでしょうか。ワンルームと言っても、お部屋によっては広く快適に過ごすことができます。広いワンルームマンションやアパートで暮らしたい方に向けて、ポイントをご紹介いたします。

広い1Rで暮らす際のポイント

最初に一般的な一人暮らしの場合、部屋の大きさはどうなるのかという点や、どのような点に気を付けてお部屋を探せばいいのかをご紹介いたします。

■一般的な一人暮らし物件の広さについて
一人暮らしの場合、間取りはワンルーム~1DKが多くなると思います。専有面積は平均して20~25㎡が多くなりますので、30㎡を超えると広い方になってきます。30㎡の場合、平均よりは広いですが、水回りや通路を除くと居住スペースは10畳程度になるでしょう。
家具を置くと更に狭くなりますので、お友達と集まりたい方や、ペットと一緒に暮らしたい方にはもう少し広いお部屋が向いているかもしれません。

■部屋の広さや形について
内見時では非常に広く見えるお部屋も、実際に暮らし始めるとあまり広く感じないことがあります。これは家具や生活に必要な物が増え、居住スペースが狭くなったからです。
また、お得な広い物件の中には変わった形の物件もあると思います。しかし家具を置くことを考えると、五角形や三角形のお部屋ではレイアウトしづらいといった問題もあります。 お部屋の形は家具を置くことを忘れずに考えておきましょう。

■収納スペースについて
ワンルームタイプの欠点として、収納スペースが少ないことが挙げられます。キッチン回りの収納以外に、大きめの収納スペースがあると急な来客でも慌てずに済みます。 ワンルームタイプの賃貸は収納スペースの確認をしっかりしておきましょう。

京都で広い1Rのお部屋探しは京都ライフにお任せください!
大きいワンルームのマンションやアパートなど、お客様のご希望にあわせてご提案させていただきます。
ぜひ京都ライフでお気に入りのお部屋を探してみてください。