楽器可(相談)賃貸物件特集

楽器演奏が可能な賃貸物件は数が少なく、見つけるのはなかなか難しいです。京都ライフはそんなお悩みを持つ方のために、楽器可(相談)賃貸物件を集めました!楽器可賃貸物件は、防音性に優れたお部屋が多く、映画や音楽鑑賞といった楽器演奏以外の趣味をお持ちの方にもおすすめです。

検索結果を見る

楽器可の賃貸物件で気を付けるべきこととは?

春から京都市内のマンションやアパートで一人暮らしを始める方に、ぜひ知っておいていただきたい内容です。

■楽器を演奏する時に気を付けたいこと
京都女子大学や同志社女子大学など、音楽を学べる大学は京都府下に数多くあります。
合格に伴い、楽器OKの賃貸マンションでピアノなどの楽器練習に励むつもりで、部屋探しをしている方もいらっしゃるかと思います。もしくは大学から楽器デビューを考えている方もいらっしゃるかもしれません。
多くはないものの防音対策のとられた「楽器可物件」「楽器OK」「楽器相談」という賃貸マンションは存在します。
特に音楽大学周辺の賃貸物件は、近隣住民に配慮して防音対策がとられていることが多く、日頃から音楽に触れられる環境が整っています。

・規約をしっかりチェック!
マンションやアパート内に大きなピアノや楽器を複数持ち込むとなると、それなりのスペースが必要です。搬入出の際は物件を傷つけないよう注意しなければなりません。
いくら「楽器可」「楽器可能物件」とはいえ、夜中に楽器を演奏するのはマナー違反です。
入居者がマナー違反を繰り返すと、今まで楽器可、楽器OK、楽器相談だった賃貸物件が、楽器NGになってしまいます。
今後、自分と同じ音楽大学を希望する後輩たちが、部屋探しに困らないためにもマンションやアパートの入居マナーや利用規約はきちんと守りましょう。

京都ライフには「楽器可」の部屋探しをお手伝いできるよう、ご紹介できる物件をいくつかお取扱いしています。
防音対策のとれた賃貸マンションをお探しの際はご相談ください。

ページの先頭へ
飛行船