はじめよう!ペットと楽しい暮らし

はじめよう!ペットと楽しい暮らし

ペット可賃貸物件ってなに?

ペット可賃貸とは、 住宅オーナーや管理会社にペット飼育が認められている賃貸のことです。今までは、ペットの飼育を禁止されているケースが多く、こっそりペットを飼うなどペットが原因で住民間のトラブルが起きることもありました。それに対して、「ペット可賃貸」は飼育が正式に認められているので、安心してペットを飼うことができます!しかし犬はOKだけど猫はNGというように物件によって飼ってもOKなペットや大きさなどは異なってきます。
また、ペット可賃貸には室内ドッグランやペット専用の足洗い場などを配置したものもあり、ペットと一緒に暮らすのに理想的な環境となっています。

ボタン

ペット可賃貸物件ってなに?

ペット可賃貸物件でよくあるトラブル

ペット可の賃貸では、住んでいる住人全員がペットを飼っているわけではない場合も考えられるので価値観やマナーが異なりトラブルがおこってしまうケースがあります。一番よくあるケースでは鳴き声や物音などの騒音トラブルです。ペット可賃貸とはいえ、音が気になるという方もいる場合もあります。
このようなトラブルを起こさないためにもペットのしつけは重要になってきます。住人間のコミュニケーションをとることも大事ですね!

ボタン

ペット可賃貸物件でよくあるトラブル

ペットのしつけ☆お留守番トレーニング!

犬だけで留守番をさせるのは、少し心配・・留守中に何か起こったらどうしよう・・と思ったことはありませんか?しかし、生活をしていく上で犬を残して家を空けるシチュエーションは避けて通れないことですよね。そんな時に、犬だけでしっかり留守番ができない状態と、犬はストレスが溜まってしまいます。そこで飼い主の生活リズムを崩さず、留守番をする犬のストレスをなくすためにも犬のお留守番トレーニングが必要になってきます。具体的にどんなトレーニングなのか説明します。

ボタン

ペットのしつけ☆お留守番トレーニング!

見出し まずは短時間の留守番に慣れされる 飼い主がどこかへ出かけても必ず帰ってくることを犬に理解させ不安をなくしましょう。

最初は短時間の留守番のトレーニングを繰り返して行い、徐々に時間を延ばし留守番に慣れさせます。短時間の留守番に慣れてきて長時間の留守番をさせる場合は、留守番の前に十分な散歩や運動をさせておくと疲れが溜まり留守番している間でもグッスリと眠れます。

見出し 犬だけで過ごす週間をつけさせる 犬だけでも楽しく遊べるおもちゃをみつけて飽きたり寂しくならないように工夫しましょう。

選ぶ際に気をつける事は、おもちゃを間違って飲み込んだり事故を起こさないように一定の大きさや丈夫なものを選ぶことです。外出する際に、犬が好きなおもちゃやトレーニンググッズを用意しておけば、犬は留守番している間も遊んで過ごすことができるため退屈しません。

見出し 犬が安心して過ごせる場所を作る 犬に安心して留守番をしてもらうためには犬が落ち着ける場所を作りましょう。

例えば、犬用のケージ、自分のベッドなどまたは決められた部屋を作るといいですね!一番有効なのは犬用のケージに入らせておく方法です。ケージなどの中に入らせることで、家具を壊したり危険なものを飲み込んでしまったりという事故を防ぐことができます。

理想のペット住宅。ペット共生物件

ペットは飼い主の大切な家族の一員ですよね。なので、まずはペットと飼い主が落ち着く空間だということが第一です。ペット用の設備が充実していてなおかつ防音性が高い住宅が理想ですね。ペット用の足洗い場があれば散歩などがスムーズにできたり、庭にドッグランがあればペットの遊ぶ幅も広がり、より楽しく生活できますね!また、ペットが快適に散歩できるように周辺環境がペットの飼育に適している場所を選びましょう。ただし条件が完璧に揃っているマンション・アパートはあまりないので自分の中で優先順位を付けて選ぶことが大事です。


※ペット共生住宅とは、ペット可賃貸とは少し違いペットの習性や本能を分かっている上で設計されているマンションです。ペットと暮らしたい方だけを対象としているので設備や施行などが工夫されています。

理想のペット住宅。ペット共生物件

京都ライフではペット可賃貸物件を豊富に取り揃えております!

ボタン
ページの先頭へ
飛行船