京町家賃貸特集

歴史と伝統文化の街、京都ならではの京町家賃貸で暮らす、京都らしいライフスタイルを始めませんか?

歴史と和の風情を感じられる京都の街並み。現在もなお多くの方の住まいやお店としてその姿を残す京町家は、職住一体型の住居として京都の街並みを形作ってきました。 近年は地域の資源として京町家の保全・京町屋再生活動も活発になり、昔ながらの京町家からリノベーションされた再生京町家まで様々なタイプが見られるようになりました。 「京都の一戸建てと言えば京町家」、「京都に住むなら京町家に住みたい」という方に、京都らしく暮らせる京町家物件をご紹介します。

京町家賃貸物件一覧

京町家の特徴

間口が狭く奥行きが深い敷地を指して、「うなぎの寝床」と呼ばれる京町家。近年では、京町家は住宅物件としても人気があります。
また、住む場合は京町家、店舗として使う場合は京町屋と書かれるように、最近では飲食店、カフェ、雑貨店等にも京町家は使用されることも多く、地元の方はもちろん観光客の方でにぎわっています。
京町家は、平安時代の町割りを下敷きに建物の原型は江戸時代中期に形成され、伝統を保ちながら職住一体型の住居として時代と共に発展してきました。
はんなりとした雰囲気の京町家は、まさに京情緒あふれ多くの特徴を持っています。
和風建築としての美しさを持つ外観、奥行きのある形状でも光と風を取り入れられるよう工夫を凝らした間取りなど、「京都の町家」独自の特徴をご紹介します。

格子

京町家は、部屋の中へ光を取り入れながら、プライバシーにも配慮。中からは外が見えるが外からは中が見えにくくなっている。

出格子

格子の種類・デザインは京町家によって様々。柱壁よりも突き出した形状で作られたものは出格子と呼ばれる。

虫籠窓(むしこまど)

京町家特有の厨子二階(低い二階)等にある、塗り壁の窓の形。形状がむしかごに似ているところからこう呼ばれる。

鍾馗(しょうき)さん

中国の鬼神。疫病を防ぎ学業成就に効があるとされる。京町家では、魔よけとして屋根の上に鍾馗をかたどった瓦人形が置かれる。

一文字瓦

軒先の瓦の下端が切り落としたように一直線に揃う、京町家の特徴。一文字の直線は、外観を端正なものに見せる。

駒寄せ(こまよせ)

軒下を囲う低い柵。軒下部分へ人馬が入るのを防ぐために設けられた。他には、アーチ状の垣根の「犬矢来」も京町家の特徴。

土間/通り庭

昔ながらの京町家は、炊事場が土間にあることも。表から裏口まで続く土間を通り庭という。奥行きのある京町家における人や風の通り道。

続き間

隣室を通って別の部屋へ入る続き間の和室は、京町家に多く見られる。家族の交流やお互いへの配慮が生まれる、古き良き間取り。

床の間

江戸時代、庶民もお茶やお花を家で楽しむようになり、京町家の座敷に花や花器を飾る床の間や違い棚、袋戸棚が設けられた。

隠し階段

狭い京町家のスペースを工夫するため、階段の下部が押入れなどの収納になっている。傾斜が急になっている物が多い。

縁側

日本の和風家屋に独特の、板敷きの通路。京町家特有の坪庭に面し、庭の眺めを楽しむことができる他、採光の役割も。

坪庭

建物の奥、またはその途中に設けられた小さな庭。奥行きのある京町家に光を取り入れ、屋内の風通しを良くする役割も持っている。

京町家賃貸物件一覧

ページの先頭へ
飛行船