資産運用アドバイス

空室対策レポート

Vol.35 心に響くアピールポイント

今回は仲介営業所の小倉店より、ユニークなアイデアで他の物件との差別化をはかり、お客様の入居を促すご提案をさせて頂きます。

まず、お客様に選ばれる物件がどのようなものかと言いますと、極論ではありますが「家賃が安く、設備条件などが整った部屋が綺麗なマンション」が多いです。

これを実現するためには、新築物件以外では大規模なリフォームや家賃の大幅な値下げなどが必要となります。しかしながら、改装に大きな金額は掛けたくない、ローンの返済などで家賃をこれ以上下げることが出来ないなど、資金面で大きな負担をなるべく避けたい方も多いことでしょう。

無論何もしなくても満室になることがもっとも望ましいのですが、新築物件等ライバル物件との差別化を図らなければ正直不利な戦いになることは否めません。

そのため、単純な家賃や内装のキレイさだけではなく、それ以外の面でお客様の心に響くアピールポイントを作ることが重要です。

以下にその一例をご紹介させて頂きます。

◆「×月までお申込の方に限り敷金、礼金無し」キャンペーン

初期費用という面から見た場合、家主様が損をするように思えます。しかし、入居日時を早めに設定し通常よりも1~2ヶ月程度早く入居していただくことにより、年間を通しての損益計算では通常の条件と比してオーナー様の大きな損失は無くかつお客様に大きなお得感を与えることができます。
また、期限を「いつまで」と切ることにより、お客様に「今、申し込んだほうが得である!」と訴えかけることが出来ます。

◆「ガレージ1年間(あるいは2年間)無料」キャンペーン

上記の類似案ではありますが、ガレージの賃料は家賃と比べて安価のため1年間無料にしても数ヶ月部屋を空室のまま置いておくより、はるかに大きな利益となります。

◆「先着×名さまに限り、エアコン1台プレゼント」など

「先着」という表現を用いることにより「先を越されてはいけない」という心理的効果が現れ、我々仲介営業社員としてもより営業しやすく入居契約へ進みやすくなります。

以上のようにユニークなキャンペーンを行うことにより、オーナー様がお持ちの物件をライバル物件と差別化することができる上、お客様にお得感を与えることで物件の印象を強め、入居率のアップにつなげることが出来るかと思われます。

また、上記のような方法であれば単純な家賃等の値下げなどに比べると年間トータルでオーナー様の負担が大きくならないことも長所であるといえます。

期間限定や特典つきのキャンペーンを行うことにより集客を狙うという試みは、近年大手の賃貸会社等でもみられるようになりました。 例えばアパマ○ショップ様に関しましては、特定の物件において地上派デジタルTVを設置するキャンペーン、抽選で家電が当たるキャンペーン等を昨年より行っています。具体的なデータはありませんが、2年連続で行っているということはその効果が期待できると考えられるのではないでしょうか。

「空室が多いけれど家賃の値下げや大規模なリフォームはしたくない・・・」とお考えのオーナー様には満室への一案として参考にしていただければ幸いです。もちろん上記のようにすれば絶対に空室が埋まるというものではありません。しかし入居決定の確率があがることは間違いないありません。ぜひご一考ください。

一覧に戻る

資産運用のご相談はこちらから

財産ドック株式会社

〒604-8186
京都市中京区御池通烏丸東入梅屋町361-1 アーバネックス御池ビル東館3階
財産ドック事務局(京都ライフ本社内)

TEL:075-256-8240

営業時間:9:30 ~ 19:00 年中無休( 盆正月を除く)


資産運用のご相談

ページの先頭へ