京都に暮らす

vol.036何気ない日常もなんとなく心が弾む、ロフト付きの隠れ部屋のような1K。

今回の京都賃貸お部屋紹介はまるで外国みたいなレンガ造りの重厚感あふれるマンション。緑あふれる中庭を抜けたところにあるのが、今回取材させていただいたお部屋。 中に入っても、雑誌で見るようなヨーロッパの女の子の隠れ部屋といった雰囲気。開放感があるのはロフトのおかげで天井が高いから。 大きな作りつけの机はとても珍しいのでは?ロフトの梁には間接照明が埋め込まれているというおしゃれなつくり。こんなところにも大家さんのセンスが感じられる。

自慢のお部屋をご紹介♪

  • 緑あふれる中庭を抜けると現れる自分だけの空間。まるで絵本の中のような世界。

  • 目隠しができるカフェのような本棚には、大好きな本の表紙を並べて。

  • オーディオもお気に入りのビジュアルで楽しむ。

  • 気に入ったデザインの映画やコンサートのポスターがずらりとならぶ。

  • 趣味でとっている写真もランダムに張って。シンプルな壁がこんなにポップに。

  • さりげなく置かれた植物や小物にもセンスとぬくもりを感じる。

  • ソファには、北欧風のファブリックを合わせて。南国風の素材感なのにしっくりくるくつろぎ空間。

  • 窓が大きいのでオーダーで作ったカーテン。せっかくだからと色や質感もこだわったお気に入り。

お部屋データ

間取り図

ロフトがある部屋に憧れてこの部屋に即決したのだそう。ロフトの下の作りつけの大きな机もお気に入り(ずっと「食卓」がほしかったから!)。洗濯機設置不可で、洗濯はコインランドリーを使わなければいけないのが難点。利便性と素敵のバランスのちょうどいいお部屋作りは難しい。

このお部屋の住人

近影

Oさん 会社員
京都市伏見区在住
入居人数:1人
家賃:4.0万円
共益費:3,000円

ページの先頭へ
飛行船