京都に暮らす

vol.039エスニックな香りが漂う室内は、自然と人が集まる寛ぎ空間。

京都賃貸お部屋紹介、今回ご紹介するのは、間取が2Kという、ひとり暮らしには充分すぎるほどのゆとりある生活空間!
築年数は少し経っているけれど、天井照明や水回りはしっかりとメンテナンスが行き届いているので気持ちよく住めそう。
部屋にはいつも友達が集まりにぎやかなんだそうですよ。そんな人気者の彼のお部屋作りはいかに!?

自慢のお部屋をご紹介♪

  • ふかふかのソファはエスニック雑貨と相性の良いパープルをチョイス!

  • メインスペースは家具の高さを低くし、友達も寛げるよう座れる空間を多めに取ってます

  • インドで購入したエスニックなポストカード。襖の上に飾ってちょっと個性的な雰囲気

  • 大学では仏教を勉強しているため、部屋には仏教にまつわるエスニックなグッズがちらほら

  • シンプルな白いテーブルの上には、存在感のある金色の小物を置いてアクセントに

  • タバコの空き箱は、気づいたら友達が勝手に壁に貼っていたのだとか!これが案外いい感じに

  • なんだかありがたい雰囲気にしてくれる、仏足石の拓本。シンプルながら味があります

  • 昼と夜で部屋の雰囲気をがらりと変えてくれる間接照明。リラックスしたいときに大活躍!

  • 廊下には、自然と集まったお気に入りのファッションアイテムをうまくディスプレイ

お部屋データ

間取り図

もともとお兄さんが住んでいたこちらの部屋。間取に余裕があるのは嬉しいけれど、和室がうまく使いこなせず物置になりがちなのが難点・・・という、なんともうらやましい悩みがあるそうです。

このお部屋の住人

近影

Oさん 学生
京都市北区在住
入居人数:1人
家賃:6.0万円
共益費:0円

ページの先頭へ
飛行船