間取り紹介

間取り紹介

それぞれの目的に応じたお部屋を探すとき、間取りは重要かつ気になる条件となります。物件情報を見ていると出てくる間取りの表記、基本的な種類や違い、記号の意味、用途や目的別の間取りについてご紹介します。
間取りとは、お部屋内部の設備や配置を表した図のことで、数字+アルファベットで表記され、1Kや2DKなど様々な種類があります。 それぞれの記号の意味を把握しておくことで、お部屋探しもスムーズになります。

間取りの表記

Rルーム
部屋とキッチンの仕切りがなく、すべて繋がっているものをR(ルーム)と表記する。
廊下部分も広さに含まれる。
K
部屋とキッチンが扉で仕切られているタイプのこと。
簡易的な仕切りではなく、きちんとしたドアで仕切られていることがポイントとなる。
DK
Dは食事をとる空間(ダイニングルーム)、Kは台所(キッチン)を意味する。
DKはダイニングとキッチンを併せ持った居室のことを言う。
LDK
LDKは、DK(ダイニングキッチン)にL(リビングルーム)が加わった居室のことである。
DKに比べてLDKのほうが広い。

設備などを表す記号

S サービスルーム、納戸 PS パイプスペース。排水などが通っている管がある空間。
SB シューズボックス(靴箱) UB ユニットバス
MB メーターボックス UT ユーティリティースペース(脱衣所など)
CL クローゼット、収納 WIC ウォークインクローゼット
WC お手洗い WCL ウォークインクローゼット

タイプ別間取りの選び方

1R(ワンルーム)は家賃が抑えめの物件が多く、会社や学校へ行き帰って寝るだけという、家にいる時間が短い人へおススメです。
部屋がひと続きなので自分好みに部屋のレイアウトを行ないやすいメリットがあります。

ワンルームは廊下の広さも含めて記載されています。右の画像の間取りであれば、色がついている部分すべてを含めた広さが6帖です。

1R間取り

1K間取り

1K(ワンケー)は居室が1つ+キッチンがドアで仕切られている状態を指す、一人暮らしでは代表的な間取りの部屋になります。
右の図に居室がもうひとつ加われば、2Kと表記されます。

キッチンとの間に扉(画像の赤色部分)があるため、居住空間の清潔さや快適さを重視したい人におススメの間取りです。

居室が1つ+8帖未満のDK(ダイニングキッチン)がある間取りです。

寝るスペースと食事を取るダイニングスペースを分けることができるうえ、1人で暮らすのに充分な広さがあるところがポイントです。
部屋は分け使ったり、仕切り戸を取り払ってひとつの部屋として使うことも出来ます。
余裕のある空間に住みたい方へおススメです。

1R間取り

居室が1つ+リビング+ダイニング+キッチン。

たまに生活リズムが違った場合など、リビングと居室が分かれているため、程よくプライベートな空間も確保することができます。また、初めて同棲をするカップルは、一人暮らし編でもご紹介した1DKもおススメです。

どのような間取りが自分たちに合っているかを知ることができ、1LDKに比べて家賃が抑えられる為、1人当たりの家賃負担が少なくなることがメリットに挙げられます。

1LDK間取り

2LDK間取り

居室が2つと、リビングダイニングキッチンがある状態の間取りです。
居室が2つあるメリットに、
・生活リズムが違ってもお互いの妨げにならない
・子供が生まれてからも住み続けられる
・1DKに比べ収納がしやすい
といったことが挙げられます。

※2LDKと2DKの違いはリビングスペース(L)の有無です。

3LDKは、子供がいるファミリーによく選ばれている間取りの種類です。

3つの部屋+L(リビング)+D(ダイニング)+K(キッチン)という造りになっています。
4人家族の場合、子供が成長して自分の部屋が必要になることを考えて、2部屋はこども部屋に、1部屋を夫婦の部屋に使うと考えるとちょうど良い間取りとなるようです。

3LDK間取り

ポイント紹介

お部屋探しで間取りを決める際のポイントとして、自身の生活スタイルや生活導線を考えてみると必要な条件や設備を選択しやすくなります。
ご紹介した間取りなどを参考に、それぞれにぴったりのお部屋を見つけて下さい。

検索からお部屋を探してもなかなか希望の部屋が見つからないときは、「京都賃貸リクエスト」をご利用ください。こちらは、ご希望の条件をリクエストフォームにてお伝えいただくと、弊社専門スタッフがお客様に代わりご希望条件に沿った物件をお探しするサービスです。
詳しいお問い合わせは、下記からご覧いただけます。

ページの先頭へ
飛行船