京都賃貸お役立ち情報!

京都賃貸物語94 部屋ごとに条件が違うこともある2017/03/24

こんにちは、伊藤です(`・ω・´)


3月ももう終わりですねー、新生活の準備に追われている方も多いのではないでしょうか!
私はなんだかんだまたマンションの更新をしてしまったので今年も引っ越すことは叶いませんでした(笑)
何だかんだ言ってますがそこまで住み心地悪くないんですよね...(笑)しかしゆくゆくはタイミングを見て引っ越したいです(^q^)


新生活


さてお部屋探しをしていて、同じマンションなのに家賃や敷金礼金が違う部屋があったりしませんか?
これは色々と理由があるのですが、よくある理由としては設備面で差がある空室期間が長くて家賃を値下げしている仲介業者が違う、などバリエーション豊かです(´ω`)
その中でもクセがあるのが分譲賃貸の物件です!


分譲賃貸自体はたまに取り上げていますが、ちょーっとクセが強いんですね。
というのも、分譲賃貸はそもそもが分譲マンションとして部屋ごとに売りに出されたものを賃貸物件にして貸し出している場合が多いです。
なので普通の賃貸マンションのように大家さんは建物に対して一人ではなく複数いることになります。
なので分譲賃貸の場合は、部屋ごとで家賃や条件が変わるというのは珍しいことではありません...!(@ω@)
極端な話ですが、自分が契約した部屋はペット禁止だけど隣はペットOK、みたいなパターンも十分にありえるのが分譲賃貸の特徴でもあったりします。


そもそも分譲賃貸自体の数は少ない方なのでなかなか出会うこともないかもしれませんが、設備やグレードは普通の賃貸物件よりもグッと良いものが整っているので機会があれば検討してみるのもおすすめです~!
ちなみに分譲賃貸として貸し出される例としては、購入したけど転勤などで住めないので貸し出す、人に貸すことを前提とした投資目的での購入、分譲マンションとして建てたけど売れ残ってしまったので賃貸にした、というのがよくあるパターンです。
中には最初から分譲賃貸として貸し出すのを目的とした部屋を組み込んで建築されるものもあるそうなので、分譲賃貸は奥深いですねぇ...


先に上げたように、大家さんが部屋ごとによって変わる場合がほとんどなので、分譲賃貸を検討する場合は部屋ごとの条件をしっかりチェックして賢くお部屋探しを進めたいですね!d=d(・ω・)b=b


ページの先頭へ
飛行船